未分類

ドラクエ10に飽きてきた理由を探してみた結果

夢中になってプレイしてきたドラクエ10。
ボクのプレイ時間はとうの昔に1万時間を超えています。

そんなドラクエ10ですが、流石に最近飽きてきました。
今回は飽きてしまった原因を考えて、復帰を目指していきたいと思います。

単純にやりこみ過ぎた

ドラクエ10に出会う前のボクが、過去に最長でプレイしたゲームはモンスターハンターです。
シリーズ累計で500時間くらいプレイして飽きました。

ドラクエ10の1万時間といったら、20倍の時間なので飽きて当然ですね。
単純にやりこみ過ぎたことは間違いなく原因の一つでしょう。

目的が分からなくなってきた

「ストーリーが長い」のと「次のストーリーまでに期間が空く」というダブルパンチで、だんだん目的が分からなくなってきました。

バージョン1で村を滅ぼしてきた相手に、復讐を済ませた後から旅の目的を無くしました。

気が付いたらバージョン5で魔界に乗り込む展開に。

「どこまで復讐するの?もう十分だよ?」

といった感じで、主人公とボクの心情にズレが生じてます。

自キャラに感情移入できなくなってきました。

まあストーリーの振り返り機能などは実装されており、運営さんも頑張っているので文句は言えませんね。

今後のドラクエ10に期待すること

冒険のリアルな恐怖感です。
具体的に書いていきます。

1.ゲーム内の死=現実世界の死

興奮するけど、やりすぎですねえ。
みんなの命を守るために、ゲーマーたちが最高のモチベで戦うことでしょう。

プスゴンとか絶対に戦いたくないですね(^-^)

2.ゲーム内の死=キャラデリ

これも興奮するけど、やりすぎですねえ。
時間をかけて育てたキャラが、一瞬で消されるなんて発狂レベルですね。

仲間たちも次々と消えて行って、
ボクは試練の門の「ビッグモーモン」に消されることでしょう。

かいしんの一撃は怖いですからね。

3.柵の向こう側の強敵システム

初期村の近くには雑魚敵しかいないという暗黙のルール。

これを破ってきたドラクエ10に最高に興奮したのを覚えています。

フィールドに設置された柵の向こう側へ行くと、ありえない強敵が配置されている。
「きっと高価なアイテムが落ちてるのでは?」と思って命がけで探索しに行ったりとか楽しかった。

現在のドラクエ10では、キラークリムゾンなどのフィールドの強敵は存在しますが数が少ないです。

強さの絶妙な調整とかは必要ないので、柵と強い敵をセットでガンガン配置していただきたいです。

多分これだけで、「あのフィールドの柵の向こう側にいる敵を一緒に倒しに行かない?」とかって盛り上がると思うんですよね。
ドロップアイテムは「おしゃれ装備」とかだと楽しい気がします。

さて今日は、何して遊ぼうかな(^-^)

-未分類

© 2020 DQX攻略人間男革命ブログ