未分類

『ドラクエ10』僧侶を基本から徹底解説!

・僧侶の役割ってなに?

・ほかの回復職との違いは?

・もっと強くなりたいんだけど、どうしたらいい?

 

こんな疑問をお持ちのあなたへ。

 

本記事では、僧侶の基本的な役割から他の回復職との比較、能力値最適化の方法をまとめました。これから僧侶で戦いたい方や、エンドコンテンツで活躍する神僧侶に興味のある方は、これを機会にしっかり身に着けていきましょう。

僧侶の基本的な役割とは

ドラクエ10,僧侶,立ち回り,役割,ベホマラー,ザオラル,聖女の守り,天使の守り,回復職,比較,まとめ,ヒーラー,賢者,デスマスター,旅芸人,蘇生,回復魔力,回復量,ベホマズン

・(1)ベホマラー:PTメンバー全員のHPを回復させる

・(2)ザオラル:PTメンバー1人を生き返らせる

・(3)聖女の守り:PTメンバー1人を聖女の守り状態にする

 

(1)ベホマラー

回復呪文は何個かありますが、基本的にベホマラーを使えばOK。PTメンバー全員のHPを回復できます。

 

補足:聖なる祈りとは?

僧侶の特技である「聖なる祈り」を使うと2分間だけ回復呪文を強化することができます。素のベホマラーの回復量では心もとないので積極的に使いましょう。

 

なお、ゾンビゲーと呼ばれる一部のボス戦(レギルラッゾ等)では、聖なる祈りは使わないほうが良しとされています。理由はすぐに殺されて、聖なる祈りの効果が消えてしまい無駄になるからです。

 

(2)ザオラル

蘇生呪文は2種類使えますが、基本的にザオラルを使えばOK。PTメンバー1人を生き返らせることができます。

 

補足:ザオとは?

ザオラルの下位呪文に「ザオ」があります。蘇生時のHPが1になってしまうというデメリットがあるので普通は使いませんが。

宝珠「ザオの戦域」「ザオの瞬き」がザオラルのそれよりも性能が高いため、射程で1.8m、詠唱速度で12%ザオラルの性能を上回るという逆転現象が起きています。

障害物等でザオラルが届かないときはザオを使うと覚えておきましょう。

 

(3)聖女の守り

上記のベホマラーやザオラルが不要な時に使えばOK。聖女の守り状態になると2分間、HPが半分以上の時に1度だけ致死ダメージを受けてもHP1で生存できます。

ほかの回復職にはできない強力な技なので「僧侶の役割は聖女の守り」と言っても過言ではありません。

 

回復職を一覧でまとめました。特徴別に比較しよう

競合となる回復職を3つご紹介します。順番にみていきましょう。

賢者:多段攻撃に強い第二のヒーラー

ドラクエ10,僧侶,立ち回り,役割,ベホマラー,ザオラル,聖女の守り,天使の守り,回復職,比較,まとめ,ヒーラー,賢者,デスマスター,旅芸人,蘇生,回復魔力,回復量,ベホマズン

僧侶が苦手な乱戦や多段攻撃を持つボス戦においても、ダメージを受けたら回復する「きせきの雨」で難なく対応できます。

また相手の良い効果を消し去る「零の洗礼」も強力ということもあり、魔法の迷宮では僧侶よりも出番が多くなっています。気になる方は、効率厨にオススメの職業を参考にどうぞ。

 

一方で、僧侶の得意な「即死級の攻撃をしてくるボス戦」は苦手です。

 

デスマスター:蘇生能力に長けた死霊使い

ドラクエ10,僧侶,立ち回り,役割,ベホマラー,ザオラル,聖女の守り,天使の守り,回復職,比較,まとめ,ヒーラー,賢者,デスマスター,旅芸人,蘇生,回復魔力,回復量,ベホマズン

僧侶が苦手な乱戦や、賢者が苦手なゾンビゲーにおいても、死霊を呼び出す「死霊召喚」と死霊を強化する「デスパワー開放」で難なく対応できます。

また蘇生時には、対象に一定確率でバフ(バイキルト、魔力かくせい、聖なる祈り、早読みの杖)を付与することも可能で強力です。

 

一方で、「デスパワーの溜まりずらいボス戦」は苦手です。

 

旅芸人:ブーメランで化けた器用貧乏

ドラクエ10,僧侶,立ち回り,役割,ベホマラー,ザオラル,聖女の守り,天使の守り,回復職,比較,まとめ,ヒーラー,賢者,デスマスター,旅芸人,蘇生,回復魔力,回復量,ベホマズン

 

僧侶、賢者、デスマスターで必須の回復量を上げる「聖なる祈り」ですが、旅芸人にそんなものは必要ありません。PTメンバー全員のHPを回復する特技「ハッスルダンス」は、祈り状態のベホマラーと同等の性能を発揮します。

また試練の門では、一人二役で回復と補助をこなす職業として大活躍しています。気になる方は、【試練の門】超最強のサポ構成を参考にどうぞ。

 

一方で、回復職としての能力にプラスαがないので「強敵との戦い」は苦手です。

 

回復魔力はどこまで上げればいいの?

ドラクエ10,僧侶,立ち回り,役割,ベホマラー,ザオラル,聖女の守り,天使の守り,回復職,比較,まとめ,ヒーラー,賢者,デスマスター,旅芸人,蘇生,回復魔力,回復量,ベホマズン

回復魔力はベホマラーを代表とする「回復呪文の回復量に影響する能力値」です。低すぎるとPTメンバーを回復する役割が担えないので高いに越したことはありません。

しかし回復魔力を底上げするには、相対的に「HPや耐性等の数値を下げる」必要が出てきます。

いったい何処まで追求したらいいのか?そこに強くなるための隠された秘訣があります。

 

ベホマラーの回復量はどうやって決まるのか?

めっちゃ複雑な計算式で決まっているようです。興味のある方は、(かなり難しいですが)雪豹さんのブログ「雪豹の保管庫」をご覧ください。

 

計算式によると、回復魔力891でベホマラーの性能を最大限まで引き出すことができます。(通称「ベホマラーキャップ」)

ということは、891を超えた分は無駄になってしまいますね。

僧侶の能力値を最適化するには?

僧侶は回復魔力がぶっちぎりで高いので、調子に乗るとすぐにベホマラーキャップの891を超えてしまいます。

無駄になる分は回復魔力の代わりに別の能力値をとりたいところ。候補は以下の3つです。

・HP

・すばやさ

・耐性

耐性の種類は、ボスによって変わるので汎用性が高い「HP」と「すばやさ」がおすすめです。

特に僧侶ですばやさは極めると「天使ループ」という技が使えるようになり、天地雷鳴士のカカロンとタッグを組むと無類の強さを発揮します。興味のある方は、ねぃさんのブログ「プリースト・カフェ」をご覧ください。

以上、僧侶の戦い方などをまとめました。ボス戦と僧侶は切っても切り離せない関係なのでしっかりマスターしておきましょう。

 

おわり。

-未分類

© 2020 DQX攻略人間男革命ブログ