このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

デスマスターでガルドドンと戦う時のメモ

デスマスターでガルドドンと戦う時のメモ

覚えたことを忘れしてしまうので、メモを書いていこうと思います。

現在ボクは、ガルドドン2をデスマスターで倒した段階です。
ツッコミとかアドバイスくれると嬉しいです。

ガルドドン用デスマスターの準備編

ここでは準備について書いていきます。

装備について

妖艶魔女が強いです。
→セット効果の「闇の攻撃ダメージ+5%」がデスマスターの闇攻撃と相性が良くて最も火力を出せるからです。さらに妖艶魔女は、2021年9月現在で最新装備でもあり、こうげき魔力もトップです。

武器について

ワルキューレ
→基礎効果で呪文発動速度+5%が付いてるので強いです。

防具について(2パターン紹介)

パターン1、初心者~中級者用の装備

アタマ+からだ下→封印、混乱
からだ上→呪い、こうげき魔力
ウデ→呪文発動速度
足→すばやさ埋め

(解説)轟雷バーストや強襲ジャンプといった攻撃にはマヒの状態異常が含まれますが、2回攻撃や感電アリなので耐えられません。金のロザリオや雷耐性を積んだ特殊な装備でない限りはマヒ耐性は不要です。

パターン2、上級者(おぞましいおたけびにあたらない人)用の装備

アタマ→混乱
からだ上→こうげき魔力
からだ下→こうげき魔力
ウデ→呪文発動速度
足→すばやさ

(解説)おぞましいおたけびにあたらない場合は、耐性は不要です。混乱は万が一あたってしまった時の保険です。混乱さえ防げれば自由に動けるので、マセンと壁を交代して仕事ができます。

アクセについて

顔アクセ 死神のピアス
    or機神の眼甲(聖女埋め)
→顔アクセは2パターンあるのでお好みで。
首アクセ 智謀の首かざり
→闇ダメージ埋め尽くし
指アクセ 魔導将軍の指輪
胸アクセ セルケトのアンク
腰アクセ 戦神or輝石のベルト
→闇ダメージ+〇%、こうげき魔力、呪文発動速度等
札アクセ 不思議のカード(こうげき力、こうげき魔力、すばやさ)
他アクセ まよけのすず
紋章   アガレスの大紋章
職業の証 デスマスターの証

スキルについて

スキルがかなり重要です。デスマスターの命ですw

鎌スキル

160 装備時武器ガード率+2%
170 装備時かいしん率+1.2%
180 ハデスの宴+12%
190 血水の守り+10秒
200 装備時こうげき魔力+40

れいかんスキル

160 特技のダメージ+5
170 こうげき魔力+30
180 蘇生時75%で魔力覚醒
190 蘇生時75%でバイキルト
200 蘇生時75%で早詠みの杖

宝珠について

宝珠を書いていきます。Lv6必須級だけピックアップします。

炎宝珠Lv6必須

・武神の剛腕
・大賢者の御手
・韋駄天の足
・魔術の深淵
・会心錬磨
・先見の眼

水宝珠Lv6必須

・不滅のテンション
・不滅の早詠み
・忍耐のMP回復
・逆境の身かわしアップ
・ザオの戦域
・ザオラルの戦域

風宝珠Lv6必須

・復讐のテンションアップ
・復讐の聖女の守り
・禁断のちからアップ
・禁断のこうげき魔力アップ
・ザオの瞬き
・ザオラルの瞬き

光宝珠Lv6必須

・デスパワーブーストの閃き
・呪詛の極意
・大呪詛の極意
・ヒャド系呪文の極意
・おはらいの瞬き(おまけ)

闇の宝珠Lv6必須

・果てなき血吸いの守り
・ハデスの宴の極意
・果てなきハデスの宴

料理について

料理については3個ほど候補があるので、使い分けましょう。

クイックケーキ(通常用)

素早さがアップする料理です。デスマスターに火力はそこまで期待されていないので、行動を早めるのが優先という考えかたです。

ミラクルサンド(練習用)

こうげき魔力と身かわし率がアップする料理です。練習PTや安全第一で行くならコレが良いでしょう。

マジックスープ(上級者用)

こうげき魔力とさいだいMPがアップする料理です。慣れたPTで魔法戦士さんがツッコミ避けのプロの場合、デスマスターの攻撃回数が増えるので強いです。

ガルドドン戦デスマスターの立ち回りについて

やることは2つで、蘇生とゴースト召喚です。詳しく書いていきます。

蘇生について

デスマスターの一番のお仕事である蘇生についてです。魔法戦士はザオ、賢者はザオラルで蘇生します。

魔法戦士をザオで蘇生する理由は、おぞましいおたけびで生き残るのを防ぐためです。下手に状態異常を抱えた魔法戦士が生き残ると事故の元になるからです。ただ、竜巻が出ている場合はザオラルの方が安全という可能性があります。

壁役の魔法戦士を蘇生する時のコツとしては、できるだけ真上に乗って蘇生すると良いです。

そうすると、賢者タゲの時にデスが自然と壁役になれるので事故が減ります。

デスパワー開放を目指していく

とりあえずゴーストを召喚します。デスパワー開放を目指すため、呪詛や大呪詛で積極的にデスパワーを集めることが重要です。ゴーストが死にかけていたら、サクリファイスでデスパワーに変換しましょう。自分がタゲの時で、ガルドドンに追いつかれそうな場合は、ムリに攻撃せずにザオラル待機が良いです。

そして、デスパワー開放についてです。

デスパワーが溜まったらすぐに使いましょう。

魔法戦士のフォースブレイクのタイミングに合わせましょう!

戦闘中の壁補助について

魔法戦士さんの壁補助の仕事があります。しかし、どういう時に補助をしたら良いのか難しいですね。
と思っていたら、魔法戦士さんが教えてくれましたよ!

「いつも魔戦やってますが、壁の補助は以下の状況でやって貰えると助かります!」

①賢者のMPが少ない時
→パサーをする際に壁外れの懸念があるため近くにデスが来て貰えると助かります

②ガルドドンに対して軸ズレしてる時
→特にガルドドン中央に対して円の外咆哮に魔戦が寄ってしまっている時はタゲじゃない人が補助に来て欲しいです!!フィールドが円形のため、壁役は徐々に円の外方向に寄っていき、外れやすくなります...

賢者のMPが減った時と、軸ズレの時にタゲでなければ補助が欲しいという事でした。
今まで魔法戦士さんの気持ちが分からなかったので、適切な補助ができてませんでしたよ><

更新時のポイントとしては、なるべく前に出て魔法戦士さんが更新しやすいようにすることです。「更新が終わったら即抜け」を意識すると攻撃が挟める場合もあるようですが、これは上級テクニックです。

テンションが溜まったり、壁更新で密着している時に「ハデスの宴」を使いたいです。

ガルドドンの攻撃回避について

豪快インパクト、おたけびについて

HPが黄色くなるまでは、ターンの最初や最後にこの攻撃があるようです。
当たらないように注意が必要です。

招雷ドラミングについて

たまに、魔法戦士を蘇生しに行った時に使ってくる場合があります。
避け方は、ガルドドンの背後にぐるっと回りながら、範囲を味方に向けないように避けましょう。

この時にガルドドンが拳を5回うほうほしたタイミングで賢者にツッコミすると、ノーダメージで回避できるらしいですが難易度は高いです。

りりりんごの理解はここまでです。新しく学んだら追記していきますw
アドバイスよろしくお願いします><